2008年07月25日

「そして二人だけになった-Until Death Do Us Part 」森博嗣

そして二人だけになった―Until Death Do Us Part (新潮文庫)

森博嗣さんの「そして二人だけになった-Until Death Do Us Part 」を読みました。

この小説を最初に読んだのはだいぶ前なのですが、忘れっぽい私はすっかり内容を忘れてしまい、再読。シチュエーションを想像しながら、3回は読み返して楽しめる小説なので、今回も読了後2回目の読み直し中です。文庫なので、値段分以上に十分楽しみました。

犯人をあててやろう、とかトリックは?とかなぜ?なぜ?という気持ちを殺して読み進めたほうが純粋に楽しめました。私の場合。

ラストにも納得(基本的にどんなラストでも、自分の好きな作家さんの作品は素直に納得するタイプなので)。「ふ〜ん、そうなのね」という気持ちで本を閉じました。(で、再度頭から読み直す、と)

読んでいる途中で一瞬、綾辻行人さんの「十角館の殺人」を思い出しました(が、当然内容は全く違います。状況が似てる?というか、思い浮かべさせられるような表現がされている箇所があり、個人的に関連付けてしまったようです)。で、「十角館の殺人」も再読したくなってしまいました。


posted by mizumizu at 00:00 | edit | Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: